早朝のテレビ面白い!

やっと手元に戻ってきました、携帯!(このネタひっぱりすぎてすみません)
これで一安心です。と言いたいところですが、なんとまあ!新品のノート同様、まっさらです(笑)。僕のこれまでのいろんな汚点や反省ごともこんな風にまっさらにならないもんかと思うぐらい。作曲のためにせっせと録り貯めてあったボイスメモの鼻歌集がきれいに一掃されて、スーパークリーン!!イェーイ!って、あぁ切ない。ま、でも一からやり直しなさいというお達しなのでしょう。また今日から再スタートです。最近再スタートがマイブームなのか、いろいろとやり直し、組み立て直しをさせられている気がしてなりません。そういう時期なのでしょう。受け入れましょう。

ところで話は変わりますが、ここ数日、朝6時ごろ起きて布団を干したあと(これはいつものルーティーンですが)、NHKのEテレを観ています。何日か前にたまたま何となく観ていたら意外にもというか、相当面白いと思ってしまいました。視点とテンポですかね。子供目線の視点が面白いのですが、その質の高さに驚きます。子供が飽きないように展開も速いのですが、このテンポがまた絶妙です。ちょうどいいころ合いをちゃんとわかっている感じ。何と言うか質の高い現代アート番組を観ているような感じです。子供目線が大人をも虜にするとは、大人も子供心を忘れていないということをあらかじめ折り込み済みで番組を制作しているということでしょうか...世界でもトップクラスのクオリティーかなと思ってしまったと言ったら言い過ぎか(笑)。